ラクマで稼ぐ

2019最新|メルカリとラクマを徹底比較【結論ラクマがおすすめ】

転売初心者君

メルカリとラクマってどっちが良いの?稼げるのは?それぞれの特徴やメリットが知りたいです!

今回はこういった疑問に答えます。

結論から言うと、ラクマの方がおすすめです!

ほとんどのブログでは、「メルカリの方が売れるからいいよ!]と紹介されていると思いますが、僕は真っ向から否定します。

もちろん、メルカリよりラクマの方が手数料が安いから!と言う単純な理由だけでありません。総合的に比較してラクマの方がおすすめだということです!

ちなみに、ラクマの関係者じゃありません(笑)

このブログを書いている僕は、2014年からメルカリを利用しており、ラクマもフリルの時代から5年近く使っています。総取引件数は、5000件以上あります。

5年以上使い、何度も取引してきて分かった「両者のメリットや特徴」を比較しながら、なぜラクマの方がおすすめなのか具体的に解説していきます。

✅この記事で分かること

・メルカリとラクマの比較

・メルカリとラクマどっちが売れるのか?

・なぜラクマの方が良いのか?【具体的な理由】

・メルカリとラクマ両方に出品する方法【トラブルなし】

2019最新|メルカリとラクマを徹底比較【結論ラクマがおすすめ】

メルカリとラクマの基本的な違いを表にまとめましたのでまずはご覧ください。

メルカリ  ラクマ
販売手数料 10% 3.5%
登録料 無料 無料
出品手数料 無料 無料
匿名配送 対応 対応
コンビニ受け取り 対応 未対応
売上金の申請期限 3ヶ月 1年
独自の配送料金 メルカリ便:最低195円〜 ラクマパック:最低200円
振込手数料 210円 ※1万以上の場合無料  210円※楽天銀行無料
ユーザー数(2018年) 月間1,000万人 月間800万人

メルカリとラクマ比較① 販売手数料

どちらも当初は無料だった販売手数料ですが、今では有料です。

ラクマは3.5%に対してメルカリは10%。

ただ、メルカリは認知度が高く、ユーザー数が多く売れやすいのでこれだけ差があってもメルカリで取引する人は多いです。

ですが、最近ではラクマもCMなどで積極的に宣伝活動を行なっています。

サービス開始当初にラクマを使っていた人は、売れないというイメージが強いかもしれませんが、今ではメルカリと同じくらい売れます!

マイナーなものに関しては、まだまだメルカリの方が売れやすいですが、ゲーム機やSupremeなどのアパレル製品はラクマでもすぐに売れます。

手数料が安いラクマで売れた方が当然利益も多くなるので、ラクマで売れなかったらメルカリに出品するという流れが一番収益を最大化できるのでおすすめです。

メルカリとラクマ比較② 匿名配送

メルカリが早々に始めた匿名配送サービス。

匿名配送サービスとは、その名の通り、相手に名前や住所などの個人情報を知られずに取引できる配送サービスです。

やり方は超カンタンで、配送方法を匿名配送可能な方法(メルカリなららくらくメルカリ便・ラクマならラクマパック)を選択し、コンビニもしくは郵便局でQRコードを読み取って配送します。

個人情報がバレると安心して取引できないですよね。(正直僕は無くても良いと思いますが笑)

メルカリがサービス開始してから1年くらいしてラクマでも匿名配送がスタートしました、

匿名配送がないと言う理由で、ラクマを利用してこなかった人たちもこれによってラクマを利用するようになっているはずです。だって手数料が安いですもん^^

メルカリとラクマ比較③ コンビニ受け取り

コンビニ受け取りとは、購入した商品を自宅ではなく、コンビニ(セブンイレブン・ローソンなど)で受け取れる配送サービスです。

これは、メルカリのみでラクマにはありません。

ですが、正直これって必要でしょうか?自宅に届いていないのであれば、再配達してもらえばいいですし、わざわざコンビニに取りに行く方が面倒なのでは?と思います。

また、ラクマもメルカリも配送日時と時間帯を指定できるので、家にいる時間に届くようにしてもらえれば解決します。

メルカリにしかない機能ですが、需要がほぼない機能です。

メルカリとラクマ比較④ 売上金の申請期限

売上金とは、メルカリ・ラクマで商品が売れた際の利益のことです。

これの申請期限が、メルカリでは3ヶ月。ラクマでは1年です。

この期限内に申請しないと没収されます・・・

メルカリさん厳しすぎませんか?

気づいたら3ヶ月経っていて、無くなっていたという方がネット上にたくさんいました。

ラクマでは、1年なので余裕ですね。

売上金が入ったらすぐに申請したいところですが、メルカリでは1万円以上の出金じゃないと210円の手数料がかかります。

ラクマでは、楽天銀行口座を登録することで何円からでも無料です。

メルカリとラクマ比較⑤ 配送料金

メルカリとラクマにはそれぞれ独自の配送サービスがあります。

メルカリはらくらくメルカリ便、ラクマはかんたんラクマパックと言い、どちらのサービスも、全国どこでも同一料金で送ることができます。

メルカリのらくらくメルカリ便は、60サイズの荷物が600円。

対してラクマは60サイズの荷物が800円です。

転売初心者君

メルカリの方がお得じゃん!

それは間違っています。なぜなら、そもそもの販売手数料がラクマの方が安いので実際にはラクマの方がお得です。

例えば、1万円で商品を売ったとして、それを60サイズのダンボールで送ります。

メルカリの場合、

販売手数料1000円 配送料600円

→手元に入るのは8400円

ラクマの場合、

販売手数料350円 配送料800円

→手元に入るのは8850円

なので、ラクマの方が450円も多く利益が出ます。

メルカリとラクマ比較⑥ ユーザー数

2019年のデータがなかったのですが、

月間のユーザー数は、メルカリ1000万人に対してラクマは800万人で、メルカリの方が200万人ほど多いです。(2018年メルカリ公式サイトより発表)

そこまで差はないですね。

当然、人数が多いほど商品が売れる確率は高くなります。なので、メルカリの方が売れ売るというのは、データ的には正しいです。

ただし、最近ではCM効果もあり、ラクマの方が手数料が安いとメルカリから移動してくるユーザーが増えています。

これは個人的な予想ですが、ラクマが手数料を上げずにこのまま進めば、あと2.3年したらメルカリを抜く可能性が高いと思っています。

ですが、先ほども言ったように人気商品に関してはラクマでも普通に売れるのでラクマに出品して売れなければメルカリに出品するという方法がオススメです。

基本機能編|メルカリとラクマどちらが優れているのか?

分かりやすいように、メルカリとラクマの優れている方に○劣っている方に❌をつけて比較します。(ーは同点です。)

メルカリ  ラクマ
販売手数料 ✖️
登録料
出品手数料
匿名配送
コンビニ受け取り ✖️
売上金の申請期限 ✖️
独自の配送料金 ✖️
振込手数料 ✖️  ○
ユーザー数 ✖️

こうやって比較するとラクマの方が基本的なスペックでは、良いことが分かります。

次は、実際に僕が利用してみた体験談からメルカリとラクマを比較していきます。

実体験からメルカリとラクマを徹底比較

累計で5000件以上も取引している僕の実体験から両者の違いを解説していきます。

メルカリの方が販売価格(相場)が高い

ラクマより、メルカリの方が価格が高いです。

なぜなら、メルカリの方が手数料が高いのでラクマで出品する時より高くする人がいるためです。

例えば、あなたがルイビトンの財布を売るとして、最低でも9万円の利益が欲しいとします。

そのためには、メルカリでは10万円で売る必要がありますが

一方でラクマだと、93000円で売れても利益は9万くらいになります。

マイナーな商品はラクマよりメルカリの方が売れる

僕が、出品したのはウルトラマンかなんかのフィギュアでした。

抽選で100名とかだったのでどうせあたんないでしょ!と思って応募したらまさかの当選。結構高かったです。。。2万円くらい。

家にあっても邪魔なだけだったので、ラクマで売ることにしました。

いつものように相場を調べようと思って、商品名を検索しても

「あれ?出てこない」

ヤフオクで販売している人がいたので、それを参考にラクマで出品しました。

ですが、1週間経ってもいいねすら付かずに全く売れません。

そこでメルカリに出品しました。すると、3日くらいして売れていました。

その後ですが、ラクマの方の販売ページがそのままになっていて、ラクマでは20日後に売れました。(当然、商品はないのでキャンセルです笑)

マニアックなフィギュアなどは、ラクマよりメルカリの方が売れます!

ただ、その他の商品に関してはどちらもほぼ変わりませんので、ラクマで売ることをお勧めします。

メルカリの規制は超厳しい、ラクマはゆるゆる

僕がラクマをお勧めしている最大の理由はこれ!

規制が緩いことです。

ちなみに僕は、メルカリとラクマの両方で、アカウント停止を経験したことがあります。

最近だとメルカリは、実物の商品画像じゃないという理由だけで、垢バンにされるなど超厳しいです。

その点ラクマでは、まだまだ無在庫転売ができます。無在庫転売について詳しく知りたい方は、ラクマ無在庫転売のやり方・稼ぎ方を全て無料で伝授!【これで稼げなきゃ即引退】をご覧ください!(もっと詳しく知りたい方はLINEに来てください!僕が毎月ラクマで自動で30万以上稼いでいる方法を教えます)

またメルカリでは、アカウントが凍結したスマホで、新しいアカウントを作成してログインしようとしてもできません。(ラクマではできます)

ユーザーの質

メルカリとラクマだと、メルカリの方が利用者も多いせいか幼稚な人が目立ちます。

ラクマよりも。「バーカ」などと暴言を吐く人や、変なビジネスに勧誘してくる人などが多い印象です。

まあ、今では速攻で垢バンされるのでユーザーの質は気にしなくて良いでしょう!

ラクマはクーポンが多くてお得!

ラクマでは、頻繁に5%オフクーポンを5枚も配布しています。

これはかなりお得ですよね。僕も何度も利用しています。

このクーポンを配布しているときは、自分が出品している商品も売れやすくなるので、チャンスです!

メルカリで、こういったクーポンを配布しているのは見たことがないです。

ラクマの方が、買い物する際もお得だと言えるでしょう。

ラクマとメルカリどちらにも出品するのが最強です

ラクマの方が売れるとは言いましたが、一番早く売れるのがメルカリ・ラクマの両方に出品することです。

それは規約違反でしょ!と思ったあなた。強制ではないのでご自身で判断してやってください^^

トラブルにならずにできる方法があります。

ラクマには、購入申請という機能があります。

購入申請とは、購入者が「購入させてください」と申請してきて、それを出品者が了承すると取引が開始されるという機能です。

メルカリにはありませんので、ラクマで出品する際に「購入申請あり」にして両方に出品します。

こうすることで、「ラクマで購入申請、メルカリで売れた場合」にはメルカリで取引すれば良いですし、

ラクマの方だけ、購入申請が来た時にはメルカリで商品を削除してラクマで購入申請を許可すれば、両方同時に購入されることはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、2019最新|メルカリとラクマを徹底比較【結論ラクマがおすすめ】を紹介しました。

まとめると

  • 販売手数料が安いのは?➡︎ラクマ
  • 送料が安いのは?➡︎メルカリ
  • 売れるのは?➡︎マイナー商品は「メルカリ」それ以外はほぼ一緒
  • 規制が緩いのは?➡︎ラクマ
  • ユーザーの質が良いのは?➡︎ラクマ
  • 安く買い物できるのは?➡︎ラクマ
  • 売上金の申請期限が長いのは?➡︎ラクマ

ということでラクマが圧倒的におすすめです。

ラクマの無在庫転売はまだまだ稼げるので、稼ぎ方を知りたい方は僕のLINEにご連絡ください!

毎月自動で50万円稼ぐラクマ無在庫転売のノウハウを教えます^^

【0→30万円】バカでも稼げる無料の副業ガイドブックは受け取りましたか?

【期間限定】

「資金0/知識0から”30万円”稼ぐ副業完全ガイドブック」

無料プレゼント中!

 

「もっと好きなことして生きたい!」

副業で稼いで生活をもっとラクにしたい!」

「毎月の返済に困る人生から抜け出したい!」

という方は下記からお受け取りください(期間限定です!)

無料プレゼントの受け取りはこちら!